FXの大きな魅力とは

僅かな資産からでも始めることができるのがFXの大きな魅力ですし、そこに惹かれてFXの世界に飛び込んだという動機が私にはあって、実際に初期投資は少なかったのですがレバレッジのおかげで大きな金額を動かすことができて、気がつくと入金額よりも遥かに多くの資産になっていました。

ただ、ある程度大きな資産になるとそこから同じペースで運用していくのは少ない金額のときよりも難しく感じてしまい、手堅く取引していこうという考えのせいで資金の増え方が伸び悩んでいるのです。

リスクをとって大きな利益を得るか安定して少しずつ利益を伸ばすか、どちらを選択したほうが合理的なのかという思いが今の私の頭の中から離れません。

FXの口座を海外のFX業者に移している人が増加傾向

s7d7d 海外FX人気の理由は一体何なのでしょうか。一番大きな理由は、国内FXのレバレッジ規制にあります。何倍という単位で規定されているレバレッジですが、以前は国内でも100倍のレバレッジでトレードできたりしていました。その結果、初期の投資額がそれほど大きくなくても、大きな利益を得られるうまみがあったのです。たとえばレバレッジが100倍であれば、10万円の手持ちしかなくても1000万円分の通貨の売買を行えるという具合です。

しかしこれは逆に大きな損失をもたらすリスクも兼ね備えているため、国内ではレバレッジを25倍までと規制をしたのです。これによって、これまでFXで大きな利益を得ていた人たちは国内FXトレードにうまみを感じなくなり、依然として100倍~400倍などの高レバレッジで取引できる海外FXの方にシフトしていく人が一気に増加したのです。

ただ、海外FXは確かにハイリターンは得られるもののハイリスクも背負わなければならないというデメリットがあることを忘れてはなりません。

また、海外FXの業者は思いもよらない落とし穴があることがありますので注意が必要なのです。つまり、当然のことですが、海外のFX業者は、日本の法律で はなく、その国の法律によって運営されていますので、万一会社がつぶれるようなことがあったとしても、投資額が戻ってこないということは当然考えられます。いわゆる信託保全ですよね。日本では義務づけられているこの制度も海外では必ずしもそうではないのです。これは大きなトラブルのもとになります。

さてそのような海外FXですが、これで投資を行うのであれば、以下の点について気を付けていく必要があります。まず、海外のFX業者の中には、出金になかなか応じてくれないところもあります。日本では当然考えられないようなことが海外では普通に起こったりするのです。

次に、日本人が海外FXを行うには、やはり操作ミスなどによる大きな損失というのは避けたいところです。従って、ソフトウエアが日本語に対応しているかどうかということが大きなポイントになってきます。

さらに決済をクレジットカードによって行えるかどうかということも重要なチェックポイントの1つです。なぜなら、クレジットカードによる決済の場合、振込の手数料が無料です。それと決済完了までの時間が非常に短い点も、利用するにあたって非常に便利な点です。

このように最近では海外FXトレードにシフトする動きがさかんに見られるようになりましたが、そこにある大きな落とし穴にはまらないように気を付けることで安定した利益を生み出すことができるのです。