FXの大きな魅力とは

僅かな資産からでも始めることができるのがFXの大きな魅力ですし、そこに惹かれてFXの世界に飛び込んだという動機が私にはあって、実際に初期投資は少なかったのですがレバレッジのおかげで大きな金額を動かすことができて、気がつくと入金額よりも遥かに多くの資産になっていました。

ただ、ある程度大きな資産になるとそこから同じペースで運用していくのは少ない金額のときよりも難しく感じてしまい、手堅く取引していこうという考えのせいで資金の増え方が伸び悩んでいるのです。

リスクをとって大きな利益を得るか安定して少しずつ利益を伸ばすか、どちらを選択したほうが合理的なのかという思いが今の私の頭の中から離れません。

実はけっこう似ているFXとバイナリーオプション

 難しい投資とされるFXと、仕組のシンプルさが話題のバイナリーオプション。
…実はこの2つ、かなり似た性質を持ったものだということ、みなさんはご存知でしたか?

FXが2通貨の転換を行う投資である一方、バイナリーオプションでは通貨の売買そのものは行いません。
ですが、どちらも“為替相場の値動きを利用して行う”もの!
ともに通貨を対象とした取引ができ時短取引もできるという点において、かなり似た性質を持った投資商品なのです。

そのため近年は、FXとバイナリーオプションの両方に平行して取り組む方が増えているんですよ。

また、「FXよりも仕組が単純で分かりやすい」、「損失額を予め把握したうえで投資に臨めるためリスクコントロールしやすい」などといったバイナリーオプションならではのメリットを活かし、FX投資に必要な知識や経験を身につけるための“勉強手段”としてバイナリーオプションに取組む投資初心者の方も少なくないようです。

さて…FXと様々な共通点を持ったバイナリーオプション。
とりわけバイナリーオプションが似ているのは、FXのスキャルピング取引でしょう。

スキャルピングとは、(“一定期間一定方向に動く”という相場習性を利用し)数秒~数十秒程度という短いスパンで取引を繰返し、小さな利益を積み重ねていくFXの取引手法のこと。「超短期取引」とも言われるものです。

バイナリーオプションでは、取引の開始と終了が予め決まっており、FXのスキャルピング取引のように自らタイミングを狙って売買を繰返す必要がないため、厳密に言えば取引の内容は異なりますが…非常に短い期間の相場動向の予想をもとに投資をするという点において極めて似ています。
そのため、バイナリーオプションで取引を積み重ねていくことは、FXのスキャルピング取引の感覚を養う訓練として非常に有益! 反対にFXでスキャルピング取引をしたことがある方は、その経験や知識をバイナリーオプションで活かせること間違いなしです!

皆さんも、FXとバイナリーオプションの両方に取り組み、投資の幅を広げてみてはいかがでしょうか。